競馬投資家養成講座
2010年08月28日

え?その馬の単勝買っても意味ないですよ?

え?その馬の単勝買っても意味ないですよ?

やらず競馬。
実は、JRAで開催されるいくつかのレースでは
公然とインチキのようなものが横行しています。


しかし、そうとも知らずに
私たちは”絶対に当たらない馬券”すらJRAに買わされているのです。
「公正競馬」というまやかしに踊らされて。


あなたは、そのインチキを糾弾してJRAを訴えますか?

もし、そんなことを考えるならば
あなたは、ホームラン級のバカです。
JRAを訴えて勝てるはずがないからです。


それならば、戦略はただ1つ。
インチキする側の思惑と同じ馬券を買えばいいのです。

そして、私はインチキの裏側を暴き
どうやればインチキに便乗して馬券に勝つことができるのかを
ついに発見することができたのです。


はじめまして。夏野純です。



私も、3年ほど前までは
あなたと同じようにJRAのカモでした。

買うと来ない、買わないと来る。
なぜ、ことごとく自分の予想が裏目に出るのか。
全ての出発点はそこでした。

しかし、ふとしたことから”あること”に気が付き
自分の予想がことごとく裏目に出る理由に始まり
実は、「公正競馬」自体が
まやかしであることに気づいてしまったのです。

このマニュアルは、自分の身を危険にさらしてまで発表した
挑戦的な内容でもあるのです。

だから、これだけは頭に入れて、この先を読み進めてください。
このマニュアルは今月中に販売を終了します

このマニュアルは、ご想像の通り
あまりに過激なことを書きすぎました。

E−BOOKだからといって
少々、調子に乗りすぎたかもしれません。


時として世の中には事実を書いてはいけない場合があります。
このマニュアルが、それに当たる可能性も十分あると思います。

ですから、私は販売代理業者に販売を委託するという
身の安全を保証するすべをとらざるを得ませんでした。

それにしても9社に断られ
ようやく応じてくれたのが、この販売会社です。


しかし、この販売会社も1ヶ月間という
期間限定での販売ならば・・・という条件付きでした。


したがって、このマニュアルをあなたにお届けできるのは


もう、今月いっぱいしかありません。


もし、次にあなたがこのページにアクセスしても
ページを開くことができなかったら・・・
あるいは、今、決済ボタンを押しても
すでに購入できない状態になっている可能性もあります。

その場合は、販売会社さんが販売を打ち切ったと考えて諦めてください。


中には直接販売してくれと
メールを送ってくる方もいらっしゃるかもしれません。
あなたも、それを望むかもしれません。

しかし、個別対応は絶対にいたしません。
個別対応は、私にとって非常に危険な行為だからです。


なお、身の安全を語りながらも顔写真を出した理由は
あなたとの信頼関係をしっかりと結ぶためです。

ただし、この写真は5年前のものです。
これならば、多少は安全だと思ったのです。


マニュアルの中身を紹介します

それでは、一部ですがマニュアルの中身を紹介します。

少しでも多くの情報を参考として提供したいのですが、
その一方で騒ぎが大きくなる可能性を懸念して、
部分的な掲載に留めることにしました。

1ヶ月の期限があるとはいえ、
いつ販売を打ち切られるかわからないのも事実です。

1日も長く販売を継続し、少しでも多くの方に真実を伝えるためですので、
どうぞご理解のほど、お願い申しあげます。
暴露!本気で走らない馬の多いレースとは!?

 いわゆる”やらず”が行われることの多い、ある特定条件のレースを詳細に解説していきます。 あなたがこれまでいかに無駄なお金を馬券に使わされていたかがお分かりいただけると思います。
 この部分を読まずして馬券を買うのは非常に危険ですので、絶対にやめてください!

* やらずはある特定のクラスでしか行われることはありません。しかし、施行回数の多いクラスゆえに警戒が必要なのです。 (P8〜)
* やらずが横行しているのは芝?ダート?それともまさか障害?全ての答えをいきなり暴露します。 (P10〜)
* やらずの性質を理解すれば、どの距離のレースほどやらずが日常的に行われているかがわかってきます。それは・・・。 (P11〜)
* やらずをやるなら、入着賞金が加算しやすいレースの方がいいはずです。しかし、イメージだけで考えるとやらずの餌食になるのです。なぜなら・・・。 (P11〜)
* 若手騎手限定戦ではやらずは起きない?若手騎手限定戦だからこそやらずが起きる?果たしてどちらが正解なのか・・・。 (P11〜)



分析!間違っても馬券を買ってはいけない、やらず馬の傾向

 やらずをする馬にはある共通の傾向がありました。 それは、これより昇級すると頭打ちになってしまい入着賞金すら稼げない頭打ち状態に陥るということ。 この頭打ち寸前である馬を的確に見抜く方法を分析データから一気に公開します!

* 前走の出走コースからわかる頭打ちの兆候とは?未来のある馬はまず使わないコースがあるのです。 (P13〜)
* 競馬新聞を見ればすぐにわかる、やらずをする馬が絶対に組まないローテーションとは? (P14〜)
* やらず馬は常習犯です。やらずの常習性を見抜くために欠かせない、前走出走履歴に隠された”ある情報”とは? (P16〜)
* 将来を期待される馬から、やらず馬として入着賞金を稼ぐ馬に変わっていくタイミングとは?競馬新聞から陣営の思惑が面白いように見て取ることができます。 (P17〜)
* 実はやらずをやる馬は、露骨なまでにいつも同じ戦法でレースに挑みます。これさえわかっていればやらず馬の馬券をつかまされることはなくなるでしょう! (P20〜)



検証!これはやらずか、実力不足か?

 やらずをやってわざと負ける馬がいる一方で、実力不足で負けている馬もいます。 両者の共通点としては、勝つ見込みが薄いというところが上げられますが、明確な違いも存在します。 それは、やらずをやっている馬は2〜3着に来て馬券圏内に入ることはある一方で、実力不足の馬はまずほとんどの場合において馬券に絡まないということ。 この両者の違いをもたらすデータも検証していきます!

* 前走のデータを見ればわかる実力不足の明確な定義とは!? かすかな波乱の期待も持てない実力不足馬はこいつだ!(P21〜)
* やらずはある程度の実力がなければ成功しません。しかし、勝つだけの力を持っている馬であっても成功するとは限らないのです。なぜなら・・・ (P22〜)
* 馬券師の中ではもはや常識になっているあの買い方も、実は実力不足の馬を除外する合理的な戦略だった?イメージではなく実際のデータで真実をご覧ください。 (P23〜)
* 実力不足の馬が取りがちなローテーションの実態とは?やらずさえできなくなった馬がもがき苦しんだ挙句出す最後の戦略を紹介!当然、馬券でこんな馬を買ってはいけません。 (P24〜)



勝負!投資対効果を最大化せよ!

 やらずをする馬、実力不足の馬、これらを除外しきったらいよいよ勝負できる馬を選ぶ番です! 幾重にもわたるデータ分析を元に、より投資対効果の大きい馬を狙い利益計上を実現します。

* 過剰人気を集めがち!全くうまみのない馬を見抜く前走データとは?あなたが思っている以上に、過剰人気を構成する要素は多いのです! (P26〜)
* 弱い相手と走って好走した馬ほど過剰人気を集めがちなのはご存知でしたか?そして、それを如実に表すデータがこちらです! (P29〜)
* 出馬表に必ず記載されている”あるマーク”これは、馬券を買ってはいけませんよ!という主催者からのサインに思えてきます。 (P30〜)
* 豪快に見える馬ほど過剰人気を集めがちで、そのくせ大したことない場合が多い。イメージでだまされがちな私たちが、ついつい買ってしまうのがこのタイプじゃありませんか? (P31〜)
* 格なのか、勢いなのか?馬券を買う際にいつも悩まされるこの二項対立的な要素。しかし、馬券で勝つことを冷静に考えると答えは簡単でした。その答えは意外にも・・・ (P32〜)
* つい買いたくなる波乱の主役・軽ハンデ!果たして狙うべきなのか、見送るべきなのか?その答えをデータでお見せします。 (P33〜)

*


販売価格について

さて、ここまでのお話で
私のマニュアルの完成度を十分ご理解いただけたと思います。

このマニュアル、あなただったら
一体、いくらで販売するでしょうか?

自分の身を危険にさらしてまで
競馬の盲点を突いた利益計上のための投資法・・・。


私はこれを、8,000円であなたにお譲りします。


少しでも多くの人に真実を伝えたい。
その一方で、いい加減な人の手に渡って
このマニュアルが周知されるのは困る。

そのジレンマの中で設定した
ギリギリの価格だと思っています。

これ以上値上げすることはありません。
そんなに長く販売し続けることはできないでしょうから。

そして、これ以上値下げすることもできません。
安くすれば安くするほど
いい加減な人が購入しやすくなり
自らを危険にさらすことになるからです。
やらず競馬。
posted by 競馬頭脳 at 09:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。